CleverControlユーザーガイド

アカウント作成方法

CleverControlを使い始めるには、以下の簡単な手順に従います。:

  1. アカウント登録は、https://dashboard.clevercontrol.com/register または "Free Trial" ウェブサイト右上のボタン.
  2. 氏名、電話番号、会社名、有効なEメールアドレスをご記入ください。.
  3. アカウントのパスワードを作成する.
  4. をクリックする。 "Sign Up" ボタンをクリックして登録手続きを完了する。
image

アカウントにコンピュータを追加する方法

CleverControlアカウントにコンピュータを追加するのは簡単で、数分しかかかりません。以下はその方法です。:

  • オペレーティングシステムのバージョンを選択:

    • オンラインアカウントにログインすると、コンピュータの追加方法が表示されます。.

      重要な注意: CleverControlは、監視対象のコンピュータにのみインストールしてください。管理コンピュータにプログラムをインストールする必要はありません.

    • お使いのオペレーティング・システムに適したバージョンを選び、ダウンロードする。.
    • その後、上部にある "Add New Computer "ボタンを使ってインストーラーファイルをダウンロードし、アカウントにコンピュータを追加することができます。.

      image
  • WindowsへのCleverControlのインストール:

  • インストール後、プログラムは自動的にアカウントに接続します。モニターされたコンピュータは5-10分以内にあなたのアカウントに表示されます。.

活動レポートの見方

収集されたすべてのアクティビティデータは、オンラインアカウントでご利用いただけます。データは以下のようないくつかのカテゴリーに分類されます。 Screenshots, Visited Websites, などがあります。これらのカテゴリのほとんどは イベントログ セクション.

image

ユーザーの詳細なアクティビティを時系列で表示するには イベントログ タブを選択し すべてのイベント このタブ内.

各ユーザーの活動概要については、以下のサイトをご覧ください。 概要 タブをクリックします。デフォルトでは、接続されているすべてのコンピュータの概要情報が表示されます。.

特定の従業員やコンピュータに焦点を当てるには すべてのコンピュータ filter at the top of the page.

時間フィルターで必要に応じてサマリー期間を調整する。.

image

ダッシュボードからデータをエクスポートする方法

CleverControlダッシュボードからデータをエクスポートするのは簡単なプロセスです。以下はその方法です。:

  • に移動する。 レポート ダッシュボードのタブ.
  • をクリックする。 新しいレポートのリクエスト ボタンをクリックしてエクスポート処理を開始する。.
  • レポートをカスタマイズする。オプションで:

    • レポート対象期間.
    • データを含めたいユーザーまたはユーザー.
    • すべてのイベント、スクリーンショット、訪問したウェブページなど、レポートに組み込むイベントの種類。.
    image
  • レポート形式の選択:

    レポートのフォーマットには2つのオプションがあります。:

    • CSVレポート: キー入力ログ、ウェブサイト履歴、検索クエリなどのテキストベースの情報を含む.
    • スマート・レポート: テキストおよびスクリーンショット、ウェブカメラのスナップショット、サウンド録音などのメディアログを含みます。Smartレポートは.zip形式でダウンロードされ、7-Zipのようなフリーで入手可能なソフトウェアを使用して抽出する必要があります。.
  • ダウンロードとレビュー:

    • 希望する形式を選択した後、選択したレポートの種類のボタンをクリックします。.
    • レポートは数分で出来上がります。準備ができたら、同じページからダウンロードできます。.
    • CSVレポートにもスマートレポートにも、アクティビティやユーザー統計のグラフは含まれていません。.

モニタリング設定の変更方法

CleverControlの設定をカスタマイズして、従業員の追跡を最適化できます。特定のニーズに合わせて設定をカスタマイズすることで、監視効率を高めることができます。その方法は以下のとおりです。:

  • アクセス監視設定:

    • ダッシュボードの右上にあるメールアドレスをクリックしてください。.
    • ドロップダウンメニューで コンピュータ.
  • コンピュータの管理:

    アカウントに接続されているコンピュータのリストが表示されます。ここで:

    • 各コンピューターの名前を編集する.
    • コンピュータ全体または個々のユーザーに対する監視の開始または停止
    • 画面、ウェブカメラ、通話録音などの追加トラッキング機能の有効化または無効化
  • 微調整設定:

    モニタリング設定をさらにカスタマイズするには、コンピュータ名の下にある「コンピュータのセットアップ」をクリックします。.

    image image

設定は、便宜上6つのセクションに分類されています。:

  • デバイス情報: オペレーティングシステムとCleverControlエージェントのバージョンに関する情報を提供します。監視対象のコンピュータから特定のログタイプを消去したり、プログラムをリモートでアンインストールしたりすることもできます。.

    image
  • モニタリング・コントロール: キー入力ロギング、クリップボードイベント、URLトラッキングの管理.

    image
  • ソーシャルネットワーク: チャットのスクリーンショットを追加設定し、スクリーンショットのトリガー(時間間隔、Enterキー、Ctrl+Enterキー、マウスクリック)を設定する。.

    image
  • サイトブロッカー: ブラックリストにURLを追加することで、不要なウェブサイトへのアクセスをブロック。.

    を使用してウェブサイトのカテゴリをブロックする。 カテゴリーのブラックリスト.

    でキーワードを指定することもできます。 ブラックリスト URLにそれらを含むサイトをブロックする.

    について Whitelist オプションは、たとえそのサイトがブロックされたグループに属していても、そのサイトへのアクセスを残すことができます。.

    例えば、facebook.comへのアクセスは残したまま、すべてのソーシャルネットワークをブロックすることができます。.

    許可されたウェブサイト以外をすべてブロックするには Whitelist of URLs only オプションを選択し、以下のフィールドに許可されたウェブサイトを入力します。. image

    重要事項: サイトブロッカーの設定には、www.やhttps:// を除いたウェブサイトのURLを入力する必要があります。複数のサイトがある場合は、それぞれを新しい行に入力してください。. オプションを選択し、以下のフィールドに許可されたウェブサイトを入力します。.

    不正解: image

    正しい: image

  • メディア: スクリーンショット、ウェブカメラスナップショット、オーディオ/ビデオ録画のオプションを設定する:

    スクリーンショットのトリガーをカスタマイズ(ウィンドウの変更、URLの変更、クリップボードの変更、品質).

    1. ライブ・ウェブカメラ・ストリーミング用のウェブカメラを選択する.
    2. ウェブカメラのスナップショットキャプチャオプションの設定.
    3. ウェブカメラビデオ録画の設定.
    4. モニターコンピューターのマイクから音を録音する.
    5. image

    メディア設定に関する注意事項:

    • ウェブカメラのスナップショット、ウェブカメラのビデオ、音声録音のオプションは同じです。すべてのメディア関連機能を同時に有効にしないように注意してください。代わりに、重複を避けるために、各カテゴリで最も必要なものを選択してください。.

コンピュータのグループ分け

CleverControlの実用的な機能として、複数の接続コンピュータをグループに分けて管理することができます。その方法は以下の通りです。:

  • アクセス・グループ管理:

    • 画面右上にあるメールアドレスをクリックしてください。.
    • ドロップダウンメニューから グループ.
  • 新しいグループを作成する:

    • 新しいグループを作成するには 新しいグループを追加する ボタン. image
    • グループ名を入力.
    • このグループに含めたいコンピュータをチェックします。.
    • 以前にグループを作成したことがある場合は "Computers without groups" トグルボタンです。これにより、まだどのグループにも割り当てられていないコンピュータを識別することができます。.

プログラムの削除方法

CleverControl をアンインストールするには、監視対象コンピュータのオペレーティングシス テムに基づいて、以下の手順に従います。:

Windows OS macOS