データ漏えい検知

2021年2月、生地を生産・販売する企業の担当者がCleverControlに相談を持ちかけました。同社はここ数カ月、収益が落ち込んでいた。その上、複数の主要顧客が、より有利な条件を提示した競合他社に乗り換えてしまったのです。経営陣は、従業員が顧客と取引条件に関するデータを競合他社に売ったのではないかと疑っていました。しかし、その事実を証明することも、利用可能なツールでモグラを明らかにすることもできない。

私たちは、顧客や取引に関するデータにアクセスできる従業員のコンピュータに、CleverControlをインストールするよう提案しました。同社のIT専門家は、容疑者に警告を与えないよう、グループポリシー経由で静かにソフトウェアをインストールすることにしました。

私たちの経験から、データの盗難は、情報を外付けドライブにコピーしたり、電子メールで送信したりすることで行われることが最も多いことが分かっています。そのため、ソーシャルメディアやメッセンジャーの監視、外部デバイスの追跡、スクリーンショットや画面録画に細心の注意を払うよう、管理者に助言しました。さらに、マネージャーは、モグラの現行犯逮捕を期待して、時折ライブビューイングを視聴していました。

クレバーコントロールのおかげで、上級管理職は翌月にいくつかの違反を発見することができました。監視によって、2人の営業部長が顧客基盤を競合他社に漏えいしていたことが判明しました。彼らは、会社のネットワーク外の個人の電子メールアカウントで送信したため、CleverControlのような監視ソフトウェアなしでは、これらの漏えいを発見することは困難でした。また、競合他社の要請に応じて、管理職は数社の大口顧客と契約内容を共有しました。この情報を使って、競合他社はこれらの顧客をターゲットに、より有利な条件を提示することができたのです。この戦略は成功し、同社は2つの重要な顧客を失った。営業部門は、その顧客を取り戻すために、個人的なボーナスや割引の制度を作り上げ、最善を尽くす必要があった。

モグラが解雇されたことは言うまでもありませんが、彼らが与えたダメージは修復するのに多くの作業を必要としました。さらに、CleverControlによるモニタリングで、生産性を向上させるために改善が必要な領域がいくつか見つかりました。例えば、部門内の仕事量の配分が偏っていたことです。一部の従業員は他の従業員よりも多くの責任を負っており、そのために遅い時間や遅れが生じることがよくありました。クレバーコントロールを使用することの利点を理解した上級管理職は、システムを他の部門に拡大することを決定しました。

必須の機能です。

  • ソーシャルメディアとIMのモニタリング
    メールの監視により、2名の営業社員がデータを競合他社に売却していたことが判明しました。
  • 画面収録
    画面録画は、商業的な情報漏えいの新たな証拠となった。
  • 外部デバイスのトラッキング
    また、ポータブルストレージの監視と画面録画を組み合わせることで、情報漏えいを明らかにすることができます。