インボイス詐欺

ある建設会社で、経理部門が不正を行っているのではないかと疑われ始めた。同じ材料費の請求書が二重に支払われていることに、管理職が何度か気づいたのである。しかし、誰も二重払いを認めないため、部門全体の給与からその費用を差し引くことにした。しかし、経営陣は、それが単なるミスでないことを疑っていたが、その証拠も犯人の名前もなかった。そこで同社は、CleverControlに問い合わせた。

同社は、画面録画機能付きの5台のPCパッケージを取得しました。ライブと録画で画面を監視し、キーストローク、スクリーンショット、アプリケーションやウェブサイトのアクティビティをキャプチャすることで、もし詐欺師がいたとしても、それを明らかにするのに十分な情報を得ることができたはずです。また、メッセンジャーやメールでの会話も貴重な情報源となるため、それらのログにも気を配りました。

犯人を警戒させないために、Active Directory経由でCleverControlをオフィスのコンピュータに静かにプッシュしました。一般的に、こっそり監視を設定することはお勧めしませんが、今回のようなケースでは、正当化される可能性があります。

やがて、監視の結果、社内で不正行為が行われていることが判明した。二重支払いは一度きりではなく、経理担当者の一人が定期的に二重支払いをしていたのだ。二重支払いの記録は、受取人の名前と一緒に記録されていた。経営陣は、このような支払いは同じサプライヤーに行われていることを発見した。彼らは、経理担当者がサプライヤーと結託してその不正を行い、その二重支払いによる利益を分け合ったのだと推測した。経営者は証拠を得るために、経理担当者のコンピューターから電子メールとキーストロークのログを調査し、彼女が二重支払いの後にサプライヤーに確認メールを送っていることを突き止めた。これらの電子メールは、不正行為の直接的な証拠となった。

その経理担当者は解雇されました。会社は、CleverControlなどの助けを借りて入手した証拠を使って、彼女を訴えるつもりだったのです。

必須の機能です。

  • スクリーンレコーディング
    この機能は、プロバイダーへの二重支払いの事実を捉えたものである。
  • ソーシャルメディアモニタリング
    ソーシャルメディアと電子メールの監視により、会計士と取引先との犯罪的取引の証拠をつかむことができた。
  • グループポリシーによるリモートインストール
    グループポリシーによるサイレントインストールにより、管理者は犯人を警戒することなくプログラムをセットアップすることができました。