パンデミック時の非生産性低減に貢献したクレバーコントロールの仕組み

2020年6月、現地のオンライン版からCleverControlに連絡があり、生産性、アイドル時間、作業時間を追跡できる従業員監視ソフトウェアを要請されました。パンデミックの影響で、スタッフは自宅で仕事をしており、彼らのパフォーマンスと規律は大幅に低下していました。多くの記者が、居心地の良いソファ、お気に入りの番組、家族やペットが注意を引くなど、気が散るものがたくさんある自宅では仕事に集中できないことを認めていました。その結果、執筆をギリギリまで先延ばしにして締め切りに間に合わなかったり、執筆の品質が期待以下になってしまったりすることがよくあったそうです。経営陣は、CleverControlをアイドル活動を追跡するツールとしてだけでなく、心理的な道具としても使いたいと考えていました。従業員が監視の存在を知ることで、仕事上の規律を乱すことが少なくなるのです。

経営陣の推測は正しかったことが証明されました。クレバーコントロールを導入した後、仕事の規律が明らかに改善されました。従業員は、モニタリングによって生産性と規律を維持するよう促されたと述べています。監視する前は、時間通りに仕事を始め、終わらせることに苦労していました。気が散ることが多く、コントロールが効かないため、午後や夕方になってから仕事を始め、夜中になってから書き始めることもよくありました。もちろん、それでは日常生活が成り立たず、翌日も定時に仕事を始めることができない。そして次の日。ある記者は、編集長との「ズーム・ミーティング」を寝坊して欠席した。前日、午前4時まで仕事をして、目覚まし時計をかけて寝ていたのだ。責任感の薄い社員は、この機に乗じて、静かに勤務時間を4〜5時間に短縮した。

CleverControlを導入したことで、従業員はオフィスと同じ勤務体系に従わなければならないことを知りました。遅刻や早退はプログラムによって登録され、そのログはマネージャーがチェックする。また、CleverControlは、Netflixを見たり、ゲームをしたり、Facebookを閲覧したりと、仕事ではなく、娯楽を利用する社員がいれば、それを登録する。監視しているという事実そのものが、スタッフの不要な行動を抑制していたのです。

その結果、マネージャーが予想したよりも違反が少なく、生産性と規律の向上という目標に到達することができました。オンライン版では、パンデミックの期間中、監視にCleverControlを使い続けました。

必須の機能です。

  • アクティビティモニタリング
    始業と終業の時刻を記録することで、リモートワーク中の規律を守るようにしました。
  • 訪問したWebサイトの取得
    インターネットの利用状況を監視することで、従業員が閲覧した非生産的なウェブサイトを把握することができました。
  • ソーシャルネットワークトラッキング
    訪問したウェブサイトを監視するのと同様に、ソーシャルネットワークを追跡することで、従業員の非生産的な活動を明らかにし、最小限に抑えることができます。