チャリティー

中小企業の経営者は、CleverControlを実用的な監視ツールというより、心理的な道具として使っているとよく言います。従業員は、自分の行動が追跡されていることを知っているので、より責任を持って職務に取り組み、生産性を自主規制しています。一方、雇用主は、数週間ごとに監視レポートを簡単にチェックし、すべてがうまくいっていることを確認します。使用者側は、数週間に一度、監視レポートを簡単にチェックし、問題がないことを確認するだけで、疑惑が生じたときだけ、より深く調査する。

今日は、そんな中小企業の一例を紹介する。アンドリューは町内に3軒のパン屋を経営している。料理人でありパン職人でもある彼は、ビジネスの裏表を知り尽くしており、詐欺の手口も熟知しているので、騙すことは難しい。従業員の離職率も低く、ほとんどの従業員が何年も働いており、信頼と実績がある。

しかし、Andrewは「Trust but verify(信頼はあっても検証はしない)」という言葉を知っています。パン屋や厨房にはビデオ監視システムを、経理担当者や販売・購買担当者などのオフィス従業員にはCleverControlを、それぞれ使用しています。彼はCleverControlのダッシュボードにログインし、2〜3週間ごとに訪問したウェブサイトとメッセンジャーのレポートにざっと目を通す。通常、心配するようなことはありませんし、Andrewは、Youtubeの面白い猫の動画があっても、叱責の理由とは考えていません。「一日中、数字と向き合っていると、脳が麻痺してくるんですよ。- もちろん、一日中Youtubeを見ているのでなければ、気にしません。私自身、熱心な動物愛好家です。毎月の利益の3%を地元のペットシェルターに寄付しています」。

当初、アンドリューはこの寄付を自分で行っていたが、その後、会計士のリサにこの仕事を任せた。ペットシェルターの責任者であるジーナは、この寄付を非常に高く評価した。

ある時、アンドリューはジーナに会った。二人は会話を交わし、ジーナはアンドリューのビジネスがうまくいっていないのだろうと残念がる。ジーナは、「アンドリューのビジネスはうまくいっていないはずだ」と悔しがった。すると、ここ数カ月は寄付が少なく、シェルターを支援する余裕がなくなってきたとジーナが考えていることがわかった。しかし、実はアンドリューのビジネスは好調で、毎月会計士が持ってくる請求書にサインをすると、寄付金の額が膨らんでいくのである。

Andrewは、CleverControlで集めた会計士の活動報告を調べました。寄付金は毎月1日に振り込まれていたので、彼は過去8ヶ月間、その日のスクリーンショット、キーログ、訪問したサイト、スクリーン記録を調査しました。スクリーンショットや画面録画から、リサが寄付金で詐欺を行っていることがわかりました。最初は、シェルターの口座に一番多く振り込まれ、100ドルや200ドルは知らない口座に振り込まれるというように、時折、支払いを分けていました。しかし、次第に大胆になり、毎月の寄付金もその口座に振り込むようになりました。送金後、リサが不注意にもオフィスのパソコンから個人の銀行口座を閲覧したことをCleverControlが記録すると、アンドリューは必要な証拠を手に入れた。謎の口座はリサのものだったのだ。この従業員は、8ヶ月間で2ヶ月分のチャリティーを全額、その他の寄付金額の約30%を懐に入れたのです。

もちろん、リサはすぐにクビになった。アンドリューは、彼女を詐欺で訴えるつもりだ。彼は、この事件から、どんなに信頼できる従業員であっても、注意深く監視することを学んだと述べています。「CleverControlがなければ、この計画を明らかにすることも、裁判所に提出する証拠もなかったでしょう」とAndrewは言います。

必須の機能です。

  • スクリーンショット
    この機能により、不正な口座への送金の事実を発見することができました。
  • 画面収録
    スクリーンショットとともに、従業員の個人アカウントへの取引を証明するのに役立ったのです。
  • キーロガー
    プログラムには、口座番号とそこに振り込まれた金額が記録されていた。