リクルートで節約する価値はあるのか?

リクルートで節約する価値はあるのか?

近所に5年かけて家を建てた人がいます。みんなは彼に、すぐにでも請負業者を雇って家を建てた方がいいのでは?しかし、彼はお金を節約したいので、自分で建てるつもりだと言いました。今、彼は、まだ完成していないこの家を売ろうとしている。何年もかけて大金を投資してきたのだ。彼の売値は、投資の半分しかない。しかし、それでも買い手はいない。工事費、ガソリン代、材料費、時間のロスを計算すると、この隣人が適切な工事に必要なお金を借り、建築業者を雇い、建設された邸宅に5年間住み、すべてのローンをずっと前に返済する機会を得たことがわかる。この話を聞いて、疑問が湧いた。もし、節約して何でも自分でやろうとするなら、その結果、支出全体がもっと大きくなることを証明する価値があるだろうか?

それでも結局は払わなければならない

いくら企業がお金をかけずに社員を採用したいと思っても、最終的にはお金を払わなければならない。そもそも、仕事に関するサイト代、面接に費やす時間、リクルーター(人事担当者)や人材紹介会社に依頼する費用が発生します。従業員の採用、教育、適応の計画は、どの企業にとっても要であり、それに対する無理な経済性は、将来、そのような質素な企業に深刻な問題をもたらす可能性があるのです。会社が「採用までの時間」の基準を持っていない場合はまずい。昨日」社員が必要になったときと、「昨日」社員が不要になったときと、2段階の採用がある場合はさらにまずい。

営業部長や倉庫管理者、サービス部長が不在の場合に会社が被る損失については、経営トップが完全に把握していても、秘書や購買部長、会計士が不在の場合に被る損失については、経営トップが全く気付かないことがある。「では、なぜ会計士をもう一人雇う必要があるのでしょう?他の従業員に仕事を分散させればいいんだ!」。

多くの人は、時間が経てば従業員の不足が明らかになることを見落としています。他の社員はすべての仕事をこなすのに十分な時間がとれず、新たな責任によって勤務時間が不規則になったり、ミスを犯したり、さらには退職してしまうこともあるのです。そして、組織は一人の会計士の給料よりもはるかに多くの損失を被ることになるのです。

どのような貯金が妥当なのか?

例えば、採用担当者を置かずに求人サイトを利用して人材を探したり、人材紹介会社に依頼したりすると、採用の締め切りに間に合わず、業務に支障をきたす可能性があります。一般的に、企業(お金を節約したい人)は、人事部長を置き、さらに人材紹介会社を雇います。このようなコスト削減のメリットは明らかです。採用までの時間が短縮され、採用のプロセスを把握することができるようになります。人事担当者は、通常、採用プロセス以外にも「ワークロード」と呼ばれる仕事を抱えていますが、それでも締め切りを守り、面接を実施することは可能です。

結論として、採用はどのような組織においても重要な要素であり、組織が大きくなれば、それは独立したビジネスプロセスになっていくことに留意すべきです。本質的な節約は「横並び」になり、将来的に会社の重大な損失につながる可能性がある。節約はあくまでも合理的なものでなければならない。

NetVizor PCモニタリングプログラムを活用する。

Here are some other interesting articles: