無責任な社員をどうするか?

無責任な社員をどうするか?

マネージャーはしばしば、チームが責任を回避しようとし、未解決の問題の負担を上司や同僚に転嫁している事実に直面する。内気で勤勉な社員が、上司に知らせずに、いい加減な同僚の代わりに仕事をすることがある。また、同僚同士で遅刻をカバーし合うこともある。このような無責任なケースは、次のような方法で簡単に発見し、排除することができます。 従業員監視ソフト. しかし、大多数の社員が自分の職務を無責任に扱えば、会社にとって大きな痛手となります。なぜそうなるのか、社員が無責任かどうかは、就職面接で確認することができます。

無責任を診断する

まず、その社員が恐怖心によって動いているのか、それとも単なる性格的な特徴なのかを見極める必要があります。ある人は本当に責任を恐れており、何としてもそれを避けようとしますし、ある人はただ変化を起こそうとしない、保守的な人です。誰が誰なのかを見極めることが必要です。

このタイプは、面接で具体的な質問をすることで見分けることができる。いきなり「責任感があるか」と聞いてはいけません。遠回しに、次のような質問をするとよいでしょう。"あなたはある仕事を任され、それをどのように解決しましたか?""ある状況から抜け出すために何をしましたか?""ある問題の解決に何らかの結果を出したことがありますか?それは何でしたか?" など、遠回しに質問するのがよいでしょう。

無責任な従業員への対応

また、診断に適したツールとしてDISCがあります。これは、行動の現れ方を評価するためのツールです。意思決定の際の行動、他者への影響、変化への対応、ルールや規則への適合度などがわかります。この場合、評価はS(Steadiness)スケールで行われます。これは、その人が変化に対してどのように反応するかを明らかにするものです。例えば、保守的な人は、この診断を受けることで、上記の自分の特性が、恐怖ではなく、安定を求めるものであることを知ります。予測可能性、一貫性、堅実性といった言葉で表現することができます。安心感や、持っているものを維持したいという欲求が強いのです。それが彼らの性格のタイプなのです。

また、個人的な会話も効果的です。従業員が何かを変えたいと言っているのを見たら、変化は仕事と人生一般に不可欠な部分であることを説明する必要があります。これは、誰も反論できない世界秩序の法則です。社員はこの事実を受け入れるべきです。そして、デメリットにも注意を払いながら、変化の「長所」と「短所」を書くことを勧めます。もし、その数が多ければ、同僚や上司に相談し、アドバイスや協力を仰ぐべきでしょう。つまり、その社員が短所を長所に変えるにはどうしたらいいか、誰がそれを助けてくれるかを確認するのである。

余分な責任を負うことを恐れるあまり、世間体を気にしてしまうことが、その人を規定することもある。この場合、彼または彼女はコンフォートゾーンを離れることを学ばなければなりません。従業員の側では、不快な仕事を終えるたびにご褒美をあげたり、褒めたりすることができます。経営者側としては、従業員がやり慣れていない新しい仕事を与えるのがよいでしょう。

このような人は、嫌なことを後回しにする傾向があります。このような場合のアドバイスとしては、週明けにこれらの仕事を先延ばしにするのではなく、その仕事を始めることです。もちろん、タスクが終わった後は、経営陣と従業員の両方から褒められなければなりません。

最初のタイプで、実際に責任を負うのが怖い人というのは、もっと心理的な要因、つまり過去の心の傷のことを指しています。恐怖心が原因であることを理解した場合、前進する方法は一つしかありません。その恐怖をもたらした過去の出来事や状況を思い出し、それを再現することです。しかし、今度は一歩下がって、状況を外から観察し、前向きにひねり出して、好ましい結果を得ることが必要である。

責任を取ることを恐れている社員に、経営者は立ち向かうべきかという質問に対しては、「性格による」と答えています。本人が安定を望んでいるのであれば、そんなことをしても無駄かもしれませんし、そんな社員とはおさらばしたほうがいいのかもしれません。また、過去にストレスを感じたことがある人であれば、もちろん、本人と一緒に乗り越えていくのが道筋でしょう。

合わせて、なぜその人が責任回避をするのか、事前に「テスト」することが非常に重要です。あとは、それを受け入れて、恐怖心や心の傷などとうまく付き合っていくかどうかが、従業員の腕の見せ所です。

Here are some other interesting articles: