履歴書に書くべきでない7つのこと

採用担当者が怖がるかもしれない項目:読み捨てる。

退職の理由

面接の際、採用担当者は前職を辞めた理由を知りたがることがほとんどです。この質問には納得のいくまで答えられるように準備しておきましょう。しかし、特に状況が曖昧で説明が必要な場合は、早合点して履歴書に理由を書かないようにしましょう。

配偶者の有無

おそらく、あなたが家庭的な男性または女性であるという事実が、あなたに有利に働くでしょう。しかし、結婚、離婚、子供の誕生日、結婚の絆の強さを保証するような事実は、雇用者を落胆させることがあります。もしこれらの情報が雇用者にとって重要であれば、面接の際に質問されるでしょう。

略歴

私たちが大げさだと思うなら、それは間違いです。このような詳細な経歴を記した回答は、学校の成功体験から45歳まで、ほとんどすべての雇用者のメールに定期的に届きます。理由は不明ですが、応募者の中には、履歴書やカバーレターには自分の人生についての簡単なエピソードを「添え書き」すべきと考えている人がいます。

もちろん、経歴はキャリアに直結します。例えば、スポーツジャーナリストのポジションに応募する場合、いくつかの大会で優勝したことを話すのは有効です。しかし、ほとんどの場合、経歴は仕事に直接関係しないので、すでに印象的な履歴書の中に入れる価値はないでしょう。

仕事とは関係ないキャラクターの特徴

もしかしたら、幸運にも、あなたの履歴書は同じように「忍耐強く、冷静で、親しみやすい」人事担当者の手に渡るかもしれません。しかし、多くの人はいまだに、自画自賛は決してやりすぎではないと信じて、できるだけ自分のことを伝えようと努力しています。信じてほしいのですが、採用担当者は、あなたの素晴らしい性格特性、「博愛」、「積極性」、「感受性」に感銘を受けることはないでしょう。つまり、あなたは素晴らしく、温かい人ですが、それが仕事にどう関係するのでしょうか?他の候補者とあなたを区別する資質について書くのがベターです。

ホビー

趣味の情報は加点材料になりますが、それはあなたの情熱が職業と直接関係している場合に限ります。例えば、ジャーナリストであれば写真撮影、経営者であればイベントのオーガナイザーとしてのボランティアなどが有効な趣味となります。仕事と関係のない趣味は、履歴書に書かない方が良いでしょう。冬はスキー、夏はアマチュア・サッカー・リーグでプレーしていることを知れば、雇用主は喜ぶかもしれません。しかし、競技志向のゲーマー、ミュージシャン、ストリートレーサーについては、正直なところ、どう評価されるかはわかりません。

業務上の経験ではない

経験豊富なスペシャリストであれば、履歴書を乱雑に書かないことです。多くの雇用主は、最近3年間の詳細と、それ以前の7~10年間の一般的な経歴にしか興味を示しません。それ以前のことはあまり重要ではありません。

悪い癖がないこと

酒やタバコを吸わないことを書くのは義務だと考える人もいます。しかし、仕事上必要でない限り、自分の悪い習慣については何も書かないようにしましょう。履歴書は出会い系広告ではないのですから。

履歴書は1~2ページにまとめるのが理想的です。冗長なもの、重要でないものはすべて取り除きます。しかし、あなたが生きている人間であることを忘れないでください。

履歴書に書くべきでない7つのこと