人事労務におけるユーモア活用のルール

人事労務におけるユーモア活用のルール

「あなたの大志を軽んじようとする人たちとは距離を置きなさい。しかし、本当に偉大な人は、自分も偉大になれると思わせてくれる」かつてマーク・トウェインが言った正しい言葉です。

ユーモアはしばしば武器として使われます。ユーモアは人に大きな影響を与えるので、私たちはこの効果的な影響力を行使することを拒否してしまうことがあります。

ある人はコミュニケーションという才能を生まれながらにして与えられ、ある人は自分には全くそれがないと思っている。しかし、どんなことでも学ぶことができます。冗談を言う能力でさえも。これらの推奨事項を試してみてください。

第一条件

部下の個別の性格的特徴、特定の行為や発言を笑うことはできます。しかし、相手の全人格を嘲笑の対象にすることは、決してあってはなりません。不誠実な人々が昔から使っている手口、つまり、相手の言い分に反論しようとせず、中傷したり嘲笑したりすることは許されないのです。

第2回

人が直せないようなことで笑ってはいけない。部下の変わった名字、体の弱さ、病状、肥満、変わった体型、吃音などを笑ったり、冗談を言ったりしてはいけません。また、部下の同情や愛情の対象を揶揄することも許されません。

第3回

自分のジョークで最初に笑うのはお勧めしません。そうでないと、そのジョークに対する肯定的な態度が明らかになり、何か素晴らしい機知に富んだものであるかのように上塗りされてしまうからである。そうでないと、冗談に対する積極的な姿勢をはっきりと示し、素晴らしい機知に富んだものだと売り込むことになる。そして、期待とは逆の反応を引き起こすことになる。

コミックは、逸話や物語の結末が、それまで語られてきたことと矛盾するとき、最終的な結論が予想外であるときに発生する。矛盾が大きければ大きいほど、感情的な反応は強くなる。

経営者が冗談が終わる前に笑い出すと、知らず知らずのうちに矛先が低くなってしまう。コミカルな効果が激減してしまうのだ。「涙を流したいなら泣け、笑いを誘いたいなら笑うな」というイタリアの諺がある。

第4回

下品で粗暴な冗談は許されない。下品な冗談は、文化が悪く、部下の人格を過小評価し、軽視している結果であり、ウィットとは無関係の教養の結果に過ぎない。下品な冗談は、上司と部下の間に持続的な対立をもたらす。このようなフェイクパスは、人々に強い衝撃を与え、同僚や上司との深刻な対立を引き起こす。

第5回

事故や部下の不注意、忘れ物、不器用さを笑ってはいけません。このような冗談は、幹部を傷つけたり、対立の原因になることがあります。老婆が転んだり、風の強い道で帽子を取って水たまりを走っている老人や、壊れた椅子に座って転んでいる同僚を見て笑うようでは、その人にユーモアのセンスがあるとは言い難いでしょう。間違いを避けるためには、コミカルとファニーを区別する必要があります。これらは同じではない。

偶発的、表面的、特に簡単に直せる欠点は、嘲笑の対象にはなり得ないし、なってはならない。結局のところ、それらが意識的でなければ、ただ丁寧に指摘するだけで十分なのである。

第六回

ジョークやユーモアは、友好的な批判や穏やかな非難という形で表現するのがよく、嘲笑や罰は禁物です。皮肉や嘲笑は、人をひどく傷つけたり、すでにあるコンプレックスをさらに強くしたり、重役との対立を引き起こしたり、激化させたりする。

風刺は否定と断罪の一形態である。風刺的な嘲笑の手段を誰かに適用することは、かなり厳しい罰です。それは屈辱、恥、恨みの感情を引き起こす可能性があります。この場合のジョークは、罰というより非難に近い、穏やかで友好的な批判の要素を含むべきです。

第7回

人と冗談を言い合っていると、そのうち自分に向けられた冗談が聞こえてくることを覚悟しなければならず、この場合、冗談を言った人に対して怒ったり、行政処分をしたりすることは許されない。幹部は、部下と一緒に自分を笑い飛ばすことだけが正しい対応である。

常に気の利いた言葉に反応し、自分の失敗やミスを真っ先に笑い飛ばす(ある意味これは自己防衛の一種)、部下のユーモアをサポートし導く、そして冗談を言おうとしている部下を抑圧しない、という心構えを持ち、怖れないようにしなければなりません。

自分自身を笑うことは、偉大な自己防衛である。吃音のひどい高校教師がいましたが、最初の授業で生徒の笑顔に気づいたとき、「吃音者を笑ってはいけない。吃音者は病気になり、最後には死んでしまうのです」。それで十分だった。先生のジョークで一緒に笑った後、生徒たちはたいてい先生の言語障害に注意を払わなくなりました。

人事労務におけるユーモア活用のルール

Here are some other interesting articles: