どんな社員でも、その資質が足かせになる

ミスを指摘するのが怖いマネージャーと、タスクについて質問するのが怖い新人を結びつけるものは何か?経験豊富なプロフェッショナルとインターン生、両方の足を引っ張る資質を即座に取り除くべきものとは何でしょうか?心理学者、心理診断士、コーチ、NLPの専門家であるロイ・ブルックスと、クレバーコントロールがこのテーマについて語り合いました。

危険な性質

  • ロイ、あなたから見て、新参者と古参者の邪魔になる資質とは何でしょうか?

  • 心理学的に、新人と古株では全く異なる行動をとる。管理職が社員やスタッフについて結論を出し、効果的なコミュニケーション方法を見出すのに役立つ比較分析を提供します。

新人:不安感が強く、何事も怖がり、表向きはとても大胆で積極的に見えるが、多くの失敗をする。恥ずかしがり屋なので明確な質問をすることができず、悪い印象を残すことを恐れているため、失敗することを好む。また、時間管理が苦手で、忙しくても結果が出ない。また、チーム内の過度の信頼性とコミュニケーション・フィルターの欠如が足かせとなる。

古株:この人たちは自信家で自己中心的です。彼らは皆のことを何でも知っていて、もちろん、他のスタッフや経営陣、あるいは自分たちがなぜやる気を失って働いているのかを説明するのに必要な他の誰に対しても常に不満を持っている。もちろん、怠慢、やる気のなさ、認識の低さから、時には挑発的で図々しい行動を取らざるを得ない。彼らは、"努力しても評価されないのだから仕方がない "と、気難しく、さまざまな操作テクニックを使い、頑固で、ただただ怠惰なのである。

残念ながら、どちらのタイプの社員も主に心理的な問題を抱えており、どのような状況にあるのか、具体的なサイコタイプを理解する必要があるのです。

  • 従業員の性格と就いている地位が矛盾している明確な例はありますか?

  • コンサルティングをしていると、気質、性格、個性と、置かれている立場との不一致によく遭遇する。最も多いのは、堅気を発揮しない管理職が、部下を叱ることを避けている場合である。まず、スタッフが決して良い行動をとろうとしないようにする。

そして、慣れが生じると、マネージャーは単に権威を失い、部下が "今すぐにでも辞めたい "という辞職や "じゃあ、何もしない "という不作為、"わからない、あなたはマネージャーだ、じゃあどうすればいいのか教えて "という誤解を使った操作を始めなければ、発言さえもできなくなるのです。つまり、部下は "ソフト "なマネージャーに対して、挑発的、反抗的な行動を取り始める可能性があるのです。

  • しかし、ある人にとって悪い資質が、別の人にとっては完璧であることもある。例えば、「攻撃的」な営業部長は、部署全体の価値を高めることができるのです。一般的には嫌われるような資質でも、あなたは社員にどんな資質を許しますか?

  • クリエイティブ・マネージャーの仕事は、システム全体を考え、それぞれのポジションに適切なモチベーションを持つ社員を選ぶことです。最も適しているのは、達成動機を持つ社員です。彼らは多くの仕事をこなすことができ、個人的な仕事の成果に心理的に依存しています。一方、管理職や管理監督部門には、パワーモチベーションが必要です。そのような人は、パワーや評価を感じることで、純粋に仕事を楽しめる貴重な存在です。

コミュニケーションの調和というモチベーションを持つ人は、人事では中間的なポジションで素晴らしい存在です。社員の誕生日や食事などを担当するのがベストです。セキュリティのモチベーションは、慎重で恐れを抱く人に多く、彼らはすべての詳細を確認し、再確認する優れた弁護士、優れたアナリスト、細心の会計士になることができます。心配性の人は、誰かに相談したり、責任を分担したりすることなく、重要な一歩を踏み出すことは決してありません。

私は、最も重要な資質は会社への忠誠心であり、あとは学べばいいと思っています。その逆で、どんなにすごいプロフェッショナルでも、会社への忠誠心がなければ、決して管理できるものではありません。

"Pro "特性

  • どんな社員でも「長所」となるプロフェッショナルな特性は?

  • 私が考えるに、それは細部へのこだわり、時間厳守、分析能力、責任感、すべての段階でプロセスを考え抜くことです。活動的で素早い反応は黄金の資質であり、最も重要な資質は学ぶことへの愛です。

真摯な動機付けだけが、単純な社員を個性的にする。

  • 必要な資質を得るためのおすすめの方法とは?

  • 私は、専門家から学び、アドバイスを受けることが重要だと思います。本には載っていないような重要な秘密が隠されていることもあります。

効果的なコミュニケーションの基本、操作の基本、そして何より、その分野の専門家になり、個人の目標や目的を達成するための診断ツールを学ぶことができるワークショップに足を運ぶのが一番です。