才能の追求

才能の追求

人材不足と優秀な専門家の争奪戦について語らずして、主要な人事会議は成立しない。なぜ、雇用者間の競争は激化しているのか?また、なぜ企業はこれほどまでに「人材」を必要としているのでしょうか。

底面に

人手不足は2つの要因で説明できる。まず1つ目は、教育レベルの低下です。卒業生はビジネスの現実を学び、適応する必要がありますが、企業は今ここでプロフェッショナルを必要としています。

第二の要因は、"人口減少の冬 "である。高齢者が労働市場から退出する一方で、若者の数が少なすぎるため、彼らの代わりを務めることができないのである。

金と同じ価値がある

労働市場において、優秀な若いプロフェッショナルは稀であるが、優れた専門的訓練を受けたスペシャリストはその2倍も稀である。有能な人事担当者は、次のような結論に達するはずだ。"有能な社員が当社で働かないなら、その人は当社の競合他社で働く"。

20~30年前、人材と他の経営資源(生産、財務など)を同一視することは、すでにかなり進歩的な傾向だと考えられていましたが、今日になって状況は変わってきています」 - HRPartnersのキャリアマネジメント部門長で、ビジネスコーチの第一人者、ブランドン・バルデスは言います - 「これは人口動態の変化に加えて、世界の不安定な経済状況が新しいアプローチを求めているからです」。

新しいアプローチとは?タレントマネジメントの実践が前面に出てきている。「必要な人材の採用から、リーダーシップ開発、職場でのコーチング、潜在能力の評価など、一連の施策を含む人材管理の新しい戦略的アプローチです」-ブランドンは説明する。

チーム内で提起された

つまり、タレントマネジメントには、従業員の採用、育成、定着が含まれるのです。

「多くの企業で、採用から人材確保に焦点が移っている。初心者を教育し直すよりも、適切な人材を採用し、適応に資源を浪費するのではなく、生産性の高い社員の育成やリーダーシッププログラムに資源を使いたいと考えています」-ブランドン・バルデスは言う。

ここで重要なのは、生産性の高い従業員です。会社は、将来的に費用の回収が見込める場合にのみ、専門的な能力開発に投資する余裕がある。つまり、ユニークな専門家、業界のリーダー、優れたマネジャーになることができる人材に投資することは理にかなっているのです。

「現在では、単にスタッフを採用することが最大の課題ではありません。会社の文化や目標にできるだけ早く適応できる人材を採用する必要があります」と、HRPartnersの専門家は述べています。タレントマネジメントの実践を生産的なものにするためには、その最初の段階である「選択」に注意を払う必要があります。

才能と崇拝者

タレント」とは誰のことでしょうか?コンサルティング会社TalentPuzzleのCEOであるHarold Jamesは、人事担当者がこの言葉に執着しすぎていると確信しています。「この "タレント "という言葉は、今では会社によって捉え方が違う、と専門家は言います。- ジャック・ウェルチが各部門の優秀な社員の中から20%を選んで "A "カテゴリーと呼んだのを真似た人が多いようです。彼は、人にレッテルを貼るという流行の元祖だと思います。しかし、ウェルチは自分が何をしているのか、その後に何が起こるのかを明確に知っていた。よくあることだが、形は本質よりもずっと簡単に真似できるものだ。"

才能とは、選ばれた人だけが持っている才能というような、熱狂的・神秘的な意味で理解してはいけない。「ほとんどの会社では、普通の能力を持った人と、それを管理する普通の管理システムが必要なのです。石油を汲み上げ、資源を採取し、暖房の季節に間に合わせるために必要なのは、才能ではなく、明確な仕事の計画とそれに対する責任ある態度なのです」 - TalentPuzzleのCEOは言う。- しかし、どんな従業員でも、適切な場所にいて、会社に最大の利益をもたらし、プロとして成長することが重要なのです」 - Brandon Valdezは同意します。

「タレント・マネジメントとは、企業が適切な人材を確保し、良好な状態を維持するための人事プロセスという意味です」。

つまり、現在の環境におけるタレントとは、どのような立場で仕事をしていても、今ここで会社に利益をもたらすことができる人ということになります。しかも、その人材は、さらに成長する可能性が高い。このような社員こそ、近い将来、採用担当者が争奪戦を繰り広げることになるのです。

優秀な社員は、ただ雇えばいいというものではないことを理解することが重要です。優秀な人材を採用するだけでは不十分であり、その人材を会社に定着させ、能力を発揮させることが必要です。

才能と崇拝者

Here are some other interesting articles: