内向的な人のためのネットワーキング。人脈の作り方

内向的な人のためのネットワーキング。人脈の作り方

人脈作りは複雑で恐ろしいビジネスです。おそらく、その言葉自体を嫌ってしまうほどでしょう。しかし、社会的なつながりを構築する能力は不可欠であり、人脈作りを正しく行えば、自分の夢に近づくことができます。

LinkedInによると、スペシャリストの85%は、1つまたは別の種類のコネクションを使って仕事を得ているそうです。

多くの人、特に内向的な人は、人脈作りを好みません。偽りの上に成り立つ、恥知らずな自己宣伝だと考えるからです。しかし、これは正確には正しくありません。

人脈づくりに関する本の著者であり、自己成長の専門家であるロバート・ディアス氏は、「本当に深く、強い人間関係を築くことだ」と言う。

キャリアカウンセラーのアリス・エリオットさんは、「仕事の半分は人脈で獲得した」というが、自称外向的な人たちも人脈づくりには複雑な思いがあるようだ。

「このようなイベントでは、ある種のエネルギーを感じることがあります。みんな同じ部屋にいて、みんな本当に自分らしくありたいと思っているのです」と彼女は言います。「しかし、時には誰もが、他の誰かのふりをしなければならないような気がするのです。

人見知りを克服するためにはどうしたらいいのか?彼女の答えは簡単で、「質問すること」です。人は自分のことを話すのが好きです。

オープンであること

もちろん、「自分らしく」というのは、陳腐な言葉である。しかし、ここで大事なのは「覚悟を決めること」だとディアスは思う。

事前に、どのように自分をアピールすれば、相手の記憶に残るかを考えておく。会話の流れをサポートしやすい質問と話題をリストアップしておく。

他の人間関係と同様に、ネットワークでもバランスが重要です。プロに言わせると、自分をきちんとアピールするだけでなく、相手の話をよく聞くことが大切なのだそうです。自分が思っている以上に、相手との間に共通点があることがよくわかるのです。

"対談相手に純粋に興味を持てば、すでに成功への道を歩んでいる "と、MOSソフトウェアグループのプロダクトマネージャー、ベンジャミン・ムノス(27歳)は言う。ムノスさんは、自分のキャリアが成功したのは、インターンシップや前職で得た人脈によるところが大きいと考えている。

Less is more

内向的な人の多くは、物事を慎重に考えるまで口を開きたがりません。Robert Diazは、この特性がより深いつながりを築くのに役立つと信じています。

20人に会うと思うとパニックになるのではなく、その中から自分にとって一番役に立ちそうな2、3人にアプローチし、もちろんその人たちのことをもっと知るようにしましょう。

意味のある質問をし、その答えに耳を傾ける。とディアスはアドバイスしています。

"What do you do?" と聞く代わりに "What is your favorite part of the job?" と聞いてみてください。

従来の方法を用いる

専門家は、内向的な人は早めにミーティングに来るようにとアドバイスしています。遅く来ると、先に来た人たちがみんなグループに分かれてしまい、その中のひとつに入るのは簡単ではありません。

たまたま異なる世代の代表者と仕事をしたアリス・エリオットは、会議ではたいていミレニアル世代の方がやりにくいと言う。

"ポケットの中の素晴らしいガジェットは、イベント会場で気が乗らない場合、人とのコミュニケーションを避けるための大きな手段となります。"

しかし、彼女は確信している。「成功したいのなら、時間とエネルギーを費やして、顔を合わせてコミュニケーションをとる必要がある。どんな技術も、個人的な接触に取って代わることはできないのです。

一日に100通の履歴書を送っても、家でボタンを押すだけでは、夢の仕事は空から降ってこない。生きている人と話してみることです」。

おまけ:相手に飲み物をおごる。「こうすれば、自分がいかに優れているかを人に説明する必要がない」とディアスは言う。「彼らは自分自身でそれを見ているのです」。

クイックヒント

人脈が足りない場合は、話題性のあるネットワーキングイベントに参加する。

短いインタビューの依頼に対して、相手に「はい」と答えさせます。潜在的な接触者にパーソナライズされた電子メールを書き、あなたが彼らについて学んだいくつかの事実を言及する。

常に自分のことを思い出してもらう。一般的には、会議後2日以内に手紙を書くことです。同時に、月曜日を避けるべきです:人々は仕事に追われており、あなたの手紙は未回答のままになる可能性があります。

クラスメート、学生仲間、教授と連絡を取り合う。

十分な資格を持っていなければ、人脈作りはあまり役に立ちません。何事も最大限の努力をすること。

Here are some other interesting articles: