仕事の残し方

45%のスペシャリストが、退社後にメールをチェックしています。受信トレイのフォルダを確認するのに数分というのは些細なことのようですが、読んだ内容を分析し、熟考し、返信を書くのにさらにどれだけの時間を使っているでしょうか?単純にメールをフォルダ分けすることは、時間の支出につながる。そしてこれは、自分自身や家族から奪われる時間でもあるのです。ボタンをクリックするだけで、仕事のことを忘れることはできません。しかし、比喩的な意味で「秘密のボタン」を探すことは有効です。つまり、仕事の超重要事項から日常生活やコミュニケーション、休息に気持ちを切り替える動機は、あなたの健康や幸福、ついでに効率やキャリアの成功も左右するからです。プライベートな時間に仕事をするのをやめるには、3つの方法があります。

個人的な予定をスケジュールに入れる

私たちは仕事のタスクをどのように扱っているのだろうか。私たちは計画を立て、それを書き留め、それぞれに期限を設定します。個人的な計画も同じように扱いましょう。子供を人形劇に連れて行く予定ですか?レストランで友人と会う約束はしていますか?疲れた背中にマッサージのコースを受けるのはいい頃合いでしょうか?すべて共通の予定に入れましょう(手帳に書いても、特別な計画ソフトを使ってもかまいません)。今日のタスクリストに目を通すと、仕事とプライベートの両方のタスクが目の前にあるはずです。この方法には心理的なトリックがあります。スケジュールにプライベートな予定を入れることで、家族や趣味、休息に関するイベントも、仕事と同じくらい重要であることを自分に知らせることができるのです。また、この方法は、子供の昼休み、義母の誕生日、コンサートのチケット予約などを忘れないようにするためにも有効です。

メールにすぐに返信しない

テレビの前でくつろいでいるとき、お気に入りの本を読んでいるとき、あるいはただ時間を忘れて楽しんでいるとき。すると突然、スマートフォンが「チーン!」と鳴る。上司がViberでメッセージを送ってきて、書類に小さな修正を加えるよう求めているのです。"あと2、3分です "と。まさか。2、3分では確実に足りない。気がつけば、夜の半分がパソコンの前で費やされているのです。オフタイムにはメッセージを無視する習慣をつけましょう。電話も同様です。あなたが夜中に勇気を出して仕事をすることで、同僚や上司、クライアントは「いつでも仕事ができる人」という印象を持つのです。一日中、いつでも。週末も。休暇中。病欠のとき。などなど。固定観念を打ち破り、時間外の仕事は「ノー」と言いましょう。常に最新の情報を得る必要がある仕事の場合、メールを完全に無視する必要はありません。メールに素早く目を通して(素早く!)、次のようなことをすればいいのです。

  • 緊急性の高いものを指摘する(文脈、送信者、トピックを考慮する)

  • 緊急でないものは無視する

  • カジュアルなものを削除する

メールを見ているうちに思いつき、すぐに返事を書きたいとします。忘れないようにアウトラインを決めて下書きを作り、仕事の合間に文章を完成させましょう。

仕事を忘れられるような趣味を見つけよう

趣味を持ち、それに没頭していると、オフの時間に仕事に狂信的に打ち込む時間はほとんど残されていません。スキーをしながら、アマチュアの演奏会に出演しながら、ビデオを撮影しながら、写真をプリントしながら、ウェディングケーキを作りながら、受信トレイをチェックする人がいるかどうか、同僚に聞いてみてください。熱心な人は、できるだけ多くの時間を趣味に費やそうとします。彼らは(仕事に関して)良い意味で利己的で、これが悪名高いワークライフバランスを保つのに役立っています。このアドバイスに従って、知恵と調和の完成形(そもそも自分との調和)に近づいてください。