新しい上司を得る:新しいチャンスか、それとも仕事のリスクか?

会社には新しい上司がいて、チーム全体が変化を予期している。何しろ、いつも通りの勤務日数や、すでにすべてを計画していた人たちの出世が危ぶまれているのだから。不確実な状況の中で、人はどのように仕事をするのか。どのような行動をとればいいのだろうか?

経営陣が変わると、まもなく新しいリーダーが「新しいチーム」を作り始めるだろうと、人事異動を期待して社員を生活させることがよくある。解雇が間近に迫っていることを、どうすれば正確に判断できるのだろうか。

その兆候は、仕事のプロセスを管理し、効果的なコミュニケーションを保証してきた重要な社員が、能力の低い新入社員と入れ替わることです。結局のところ、新しい上司がチームを同じに保つという目標を設定しなければ、「古い」チームメンバーに何の後悔もなく別れを告げることになるのです。

もう一つの確実な兆候は、新しい上司がチームから距離を置き、規律を完全に管理し、必ずしも必要ではない追加の報告を大量に導入することである。

このような兆候に気づかない場合は、すべての変化を前向きに受け止め、新しいリーダーをサポートするよう心がけてください。結局のところ、上司はプロフェッショナルのチームなしには会社のプロジェクトを実行できないのです。

新しい上司と共通言語を見つけるには?

リーダー交代は「あっけないほど」うまくいくものではありません。人事異動には、必ずそれなりの理由がある。したがって、会社の経営陣がそこまでして解決しようとするのは、何か深刻な問題があるのだろうと推測される。そこで、新任の上司がまずどのような仕事に注力するのか、慎重に状況を分析することが有効だろう。

原則として、就任後2週間以内に、新トップが社員を招き、面談を行う。もし、何らかの理由で実現しなかった場合は、自ら対話のきっかけを作る。

会話の中で、自分の仕事とすでに達成した結果について上司に伝えてください。オープンなコミュニケーションを恐れてはいけません。このような振る舞いは、昼休みに同僚と新しいリーダーシップについて議論するよりも、ずっと生産的です。

上司が成功した社員をどのように見ているか、あなたが働く部署で成功した結果はどのように見えるか、上司の意見を聞いてみてください。また、どのような問題について、どれくらいの頻度で話し合うべきか、どのように報告書を提出するかなど、コミュニケーションをどのように構築するかを確認するようにします。そうすることで、自分に与えられたタスクの優先順位や、階層構造の中で自分にどのような役割が割り当てられているかを評価することができます。

たとえあなたがその仕事の機微をすべて完璧に知っていたとしても、上司が日常業務を遂行するために新しい方法を提案したときに、不快感を示してはいけません。あなたのボキャブラリーには、「以前はこうしていた」「この方法を試してみた」というフレーズはないはずです。「以前は別の方法でやっていた」「この方法を試してみた。 これはうまくいきません」、「これは非現実的です」。変化への対応力を示す積極的に自分の機能を拡張していくことで、マネージャーから真のプロフェッショナルとして印象づけられるようにしましょう。

新しいアイデアが社内で成功しないと確信する場合、自分の視点を証明し、複雑な問題に対する代替策を提案することです。

職場の謀略に乗らないこと。新しい上司にとって、慣れないチームへの参加は大変なことです。そのため、優しさと能力を示し、仕事の結果が非常に効率的であることを保証するためにあらゆる努力をすることです。もし、あなたが上司を支持しないなら、会社全体の単位に悪影響を及ぼし、大規模な人事異動につながる可能性があります。

新しい上司は、たとえチームの仕事が非常にうまく調整されていたとしても、常に調整を図ろうとします。リーダーは、自分のやり方を実行するよう主張します。遅かれ早かれ、上司は同じ考えを持つ人を連れてくるでしょう。状況を評価して、新しく任命されたリーダーのマネジメント手法に共感できないとわかったら、適応するか、去るかのどちらかです。結局のところ、私たち一人ひとりにとっては、偽善的である必要のない会社を見つけることが重要なのです。