予算内でできる社員教育。安さによるデメリットを回避する方法

指導者の夢は、大きな投資をせずに(あるいは全くせずに)スタッフを育成することです。

准教授、博士、保険会社「ハーモニー」のトレーニングと人材開発のディレクタージュリーウェルズは、それを行う方法、会社で「自己啓発の雰囲気」を作成する方法、低コストまたは無料のトレーニングのすべての機能を賢く組み合わせることを学び、その欠点を感じない方法をクレバーコントローラに語りました。

投資しない方法

  • Julieさん、投資をせずに社員の教育・育成を行う場合、どのような方法がおすすめですか?

  • もちろん、どの企業研修センターでも、企業研修で最も有名なプロバイダーを招聘できるような予算で戦っている。なぜなら、社内リソースだけでは社員育成は面白くないからである。というのも、社内だけの人材育成では面白くないからだ。

しかし、もし企業のトレーニングセンターがあまりにも少ない、あるいは全く予算がない場合、いくつかの方法を使うことができる。

まず1つは、社内研修、つまり会社内でのスタッフ指導です。私は、多くの企業内トレーニングセンターのリーダーが、危機的な状況を利用して、独自のトレーニングプログラムを作成し、社員とビジネスコーチの両方のトレーニングを成功させた例を知っている。さらに、メンタリングやLearning by doingのシステム、あるいは新しいコントロールシステム(コーチとしてのリーダー)を構築する可能性も常にある。

第二に、多くの企業が持っている企業内ネットワークは、開発の環境作りに非常に便利です。第一人者がブログを書き、会社の様々な側面に関する最新の資料や、現在進行中のプロジェクトを掲載することができます。また、企業内SNSでは、教材やビジネス文献のライブラリーという個別のモジュールを作成することができます。

第三に、外部のサービス・プロバイダーからスタッフ・トレーニングに関する新しいアイデアのプレゼンテーションがある無料またはデモのトレーニングやビジネス・ランチ、ウェビナーなどに参加する機会が多くあることである。通常、プロバイダー自身がそのようなイベントの招待状を送ってくるか、ウェブサイトやソーシャルメディアのページで見つけることができます。

長所と短所

  • これらの方法の利点と欠点は何ですか?

  • 社内研修や、メンタリングツールやコーポレートコーチングによる社内の人材育成には、コーチングスタッフの深い専門知識、ビジネスとプロフェッショナルの能力開発を一つのイベントの中で混ぜることができる、研修が企業文化の旗印となる、などのメリットがある。しかし、デメリットもあります。同じような対象者に同じトレーニングを繰り返すことによる社内トレーナーの専門的な燃え尽き、外部との競争がないことによるトレーナーの新しい教育手法を学ぶ意欲の欠如、社内部門(トレーニングセンター)との対立を作りたくないことによる参加者からの「スムーズな」フィードバックなどです。

経験や知識の交換は、会社の一部門の範囲をはるかに超えて、機能横断的な交流につながり、コミュニケーションの壁を取り払い、垂直的な階層の距離を縮め、社員は自己啓発の意欲を高め、互いの成長を助けることができます。ただし、デメリットもあります。ソーシャルネットワークにハマり、バーチャルコミュニティや図書館に何時間も入り浸り、実際に責任を果たすことを忘れてしまう社員もいるのです。

デモ・トレーニング、ビジネス・ランチ、ウェビナーへの無料参加は、もちろん、トレーニング市場の最新動向を常に知ることができ、自社のトレーニング・プログラムの新しいアイデアを得ることができるため、非常に有益である。しかし、このようなイベントはPRのためだけに企画されることが多く、最も興味深く重要な情報が隠されていたり、伏せられていたりするのが欠点です。「このようなイベントはPRのためだけに開催されることが多く、最も興味深く重要な情報は隠されています。

  • あなたが考える最も効果的な方法は何ですか?最も頻繁にお勧めするのはどれですか?

  • 私は "ミックス "に賛成です。安価な研修、あるいは無料の研修のあらゆる特徴を賢く組み合わせ、自己啓発のための環境づくりに力を注ぎ、社員のやる気を引き出すことを学ばなければなりません。

トレーニングの開催方法

  • トレーニングをどのように組めばいいのか?どんなことに気をつければいいのか?

  • 予算内で従業員開発のためのすべての記述された機会は、原則として会社のコーポレートユニバーシティまたはHRDである一つのセンターで体系化されるべきである。

また、トレーニングイベントやメソッドの量ではなく、質にも気を配る必要があります。たとえ無料の研修であっても、ハードルを下げてはいけないのです