天才の9つのルール

創造性は学ぶことができるということをご存知でしょうか。創造性の専門家であり、アインシュタイン、エジソン、テスラ、ミケランジェロ、モーツァルトがどのように傑作を生み出したかを明らかにした「Cracking Creativity」の著者であるマイケル・ミハルコによって証明されました。その結果、9つの主要な創造的戦略があることが判明しました。

見た目でわかる

天才の大原則は、問題を最大限に広く見ることを学ぶことです。レオナルド・ダ・ヴィンチは、問題を解決するためには、さまざまな方法で問題を定式化する必要があると信じていました。彼は、問題に対する見方がしばしば固定観念によって曇らされることを確信しており、だからこそ、これらの固定観念を破壊しなければならないと考えました。創造的アプローチでは、問題をさまざまな側面から見ることを想定しています。

思考を可視化する

アインシュタインは、課題を解決したり、新しいアイデアを生み出したりする際に、さまざまな種類の思考が大いに役立ったと述べています。例えば、彼は質問を言葉だけでなく、図にすることができました。あなたは、自分の疑問を図にすることができますか?

アインシュタインよりもずっと以前に、ガリレオ・ガリレイは、当時の科学者が行っていたような言葉だけでなく、自分の考えを草稿で表現する能力で、同時代の人々を驚かせたのだ。

常に実験する

天才たちは、「量」が「質」に変わることを知っていたからこそ、常に実験をしていた。例えば、トーマス・エジソンは1093件の発明特許を持っていた。ちなみに彼は、10日に1回は小さな発明を、半年に1回は偉大な発明をしなければならないという、自分なりの分担を決めていたそうです。集中力を持続させるには最適なスケジュールであることに納得がいくだろう。

脳は働けば働くほど良くなるので、これも非常に良い方法だと思います。ヨハン・バッハは、病気でも、疲れていても、毎日カンタータを書きました。モーツァルトも非常に生産的で、生涯で600曲以上もの曲を作りました。

新しい組み合わせの創造

天才にとってのアイデアは、レゴブロックのようなものです。彼または彼女は、いつも指示通りではなく、新しい組み合わせを創造します。例えば、E=mc2という有名な公式を考えてみよう。エネルギー、質量、光速など、ここにあるすべての概念は、アインシュタインより前に生み出されていた。しかし、アルベルトの貢献は、それらをレゴブロックのように組み合わせることができたことだ。科学者自身は、自分の思考法を「組み合わせゲーム」あるいは「物を正しく組み合わせる能力」だと言っています。

コンバイン不可能なものをコンバインする

image

ある日、ニコラ・テスラは夕日を見ていて、それをエンジンに見立てたのです。科学者のアウグスト・ケクレは、かつて蛇が自分の尾を噛んでいる夢を見たことがある。目覚めたとき、ベンゾールの分子が環状になっていることを理解した。

結合不可能なものの中に一貫性を見出すことも、天才の能力のひとつです。彼または彼女は、他の誰にも見えないようなつながりを見抜く。

比喩を使う

電話を発明したアレクサンダー・ベルは、かつて人間の耳の中の振動が、鉄の膜の振動に似ていることを発見しました。科学の世界には、このような例がたくさんあるのです何世紀も前にアリストテレスが「比喩を使うのは天才の証だ」と書いた。彼は、初見では何の共通性もない異なる領域で、人々が類似性を見出すときに傑作が生まれると信じていた。

どこでも検索

時には、問題の解決策を見つけるのが非常に難しく、新しいアイデアの生成が行き詰まりそうになることがあります。どうすればいいのか?誰も探したことのないところを探すのです。例えば、トーマス・エジソンは、長い間、石炭フィラメントのアイデアと格闘していた。ある日、彼はプラスチックの破片を手のひらでクシャクシャにして遊んでいた。ある時、彼は石炭をロープのようにひねることができることに気がついた。

いいアイデアを出すには、誰も思いつかなかったような場所を探してみることです。答えは、手に持っているただのプラバンにも隠されています。

直感に耳を傾ける

アレクサンダー・フレミングはかつて、死んだバクテリアの培養液にカビが生えることに気づいた。多くの医師は、以前からそのようなことに気づいていたのだろうが、誰もそれに注目することはなかった。しかし、フレミングはこのカビも研究対象になるのではないかと思いついた。その結果、ペニシリンが発見され、何百万人もの人々の命を救うことになったのです。

直感に耳を傾けることは、天才の8番目のルールである。

インスパイアード・コラボレーション

天才の最後のルールは、他の天才と協力することである。偉大な発見をした科学者の多くは、自分と同じレベルの人たち、つまり同じく天才と密接にコミュニケーションをとっていた。歴史上、才能ある人々の社会やグループが、科学や芸術、そして世界を新しい発見へと導いていった例はたくさんある。