2024年、最高のトレーニング評価モデル6選:パート1

トレーニング効果の評価:トップモデルによる総合的な考察(前編)

効果的なトレーニングは組織の成功に不可欠です。従業員が仕事をうまくこなすために必要な知識やスキルを身につけ、最終的には生産性の向上、顧客満足度の向上、そして収益力の強化につながります。しかし、トレーニング・プログラムが実際にこのような効果をもたらしているかどうかを、どのように確認すればよいのでしょうか?

本記事では、2024年に最適な6つのトレーニング評価モデルの概要を紹介する。それぞれの長所、短所、そして様々なトレーニングプログラムへの適用方法を探ります。これらのモデルを理解することで、トレーニングイニシアティブを評価するための適切なアプローチを選択し、それらがポジティブなインパクトを与えていることを確認することができます。

この第1部では、カークパトリック・モデル、フィリップスROIモデル、CIPPモデルの3つのモデルについて掘り下げていく。

カークパトリック・モデル

1950年に開発され、生みの親であるドナルド・カークパトリック博士にちなんで命名されたこのモデルは、現在でも最も広く使われているフレームワークの1つである。このモデルは、トレーニングの効果を評価するための4つのレベルのアプローチを提案し、各レベルは前のレベルを基礎としている。

レベル1:反応

このレベルでは、研修に対する参加者の反応を測定する。このレベルでは、研修プログラムに対する参加者の認識、満足度、関与に関するフィードバックを収集します。このレベルの一般的な評価方法には、調査、フィードバック・フォーム、アンケートなどがあります。

レベル2:学習

このレベルは、参加者が何を学んだかを評価することに重点を置いています。研修を通じて達成された知識、技能、能力の向上を測定します。これは、研修前後のアセスメント、小テスト、テスト、実践的なデモンストレーションを通じて評価することができます。

レベル3:行動

このレベルでは、参加者が学んだことを職場でどのように効果的に活用できるかを評価する。このレベルでは、職務上の行動やパフォーマンスの変化を測定する。評価方法には、観察、面接、業績評価などがある。

レベル4:結果

最終レベルでは、生産性、品質、効率性、全体的なビジネス成果の改善など、組織の成果に対するトレーニングの影響を評価します。多くの場合、主要業績評価指標(KPI)、ビジネス指標、投資収益率(ROI)の分析が含まれます。

利点と弱点

カークパトリック・モデルの長所のひとつは、その包括的なアプローチにある。このモデルは、初期反応から長期的な結果に至るまで、トレーニングのあらゆる側面をカバーしている。その構造的かつ体系的なアプローチは、改善すべき分野を特定し、将来必要となるトレーニングを予測するのに役立ちます。

一方、4つのレベルすべてに従ってトレーニングの成果を評価するのは、かなり資源と時間がかかる。行動変容や組織への影響を測定するのは複雑で、研修のみに起因するものとするのは難しい。また、反応レベルはかなり主観的なものであり、必ずしも研修の効果を反映しているとは限らない。

その仕組みについて

このモデルが実際のケースでどのように機能するか見てみよう。例えば、あなたの営業チームがトレーニングコースを終了したとする。カークパトリック・モデルによると、トレーニング効果を評価するためには、まず、トレーニング後のアンケートを実施して、チームの反応を評価することから始める必要がある。このアンケートには、次のような質問が含まれる:「研修で教わった営業テクニックは役に立ちましたか?"全体的な研修体験をどのように評価しますか?

学習レベルでは、ロールプレイングや販売シミュレーションをアレンジすることができます。これらの追加質問は、結果をよりよく評価するのに役立ちます:

  • 学んだセールス・テクニックを効果的に発揮できるか?

  • 新しい販売戦略をどの程度理解しているか?

次のレベルでは、営業電話をモニターし、パフォーマンス・レビューを実施すべきである。営業担当者が新しいテクノロジーを活用しているかどうかをチェックするのだ。トレーニング後、彼らのアプローチが変わったかどうかを理解するように努める。

最後に、販売指標と収益データを分析する。営業成績が伸びているかどうかに注目する。トレーニング前後の営業チームのパフォーマンス・レポートを比較し、トレーニング以降、目標達成率が向上しているかどうかを確認する。

フィリップスROIモデル

1970年代、ジャック・フィリップス博士は、カークパトリック・モデルに第5のレベルを加えて拡張した。これは、投資利益率(ROI)に焦点を当てたもので、研修プログラムの経済的な影響を詳細に分析するものである。この分析では、専門家が研修の金銭的利益とそのコストを比較し、その経済的価値を明確に把握します。一般的な評価方法には、費用便益分析、財務指標、ROI計算などがあります。

フィリップス・モデルにおけるROIの計算式は以下の通りである:

ROI(%)=正味プログラム便益/プログラム費用×100

どこだ?

正味プログラム便益とは、研修による金銭的便益の合計からプログラム費用を差し引いたものである。

プログラム費用とは、研修プログラムに関連する直接的および間接的な費用である。

利点と弱点

フィリップスROIモデルは、前モデルよりもさらに包括的で詳細なトレーニングへのアプローチを提供します。ROI分析により、トレーニングプログラムの財務的正当性が明確になり、今後のトレーニング投資について十分な情報に基づいた意思決定を行うことができます。

この手法の複雑さが、核となる課題である。ROIの計算は複雑で、正確なデータ収集と分析を必要とする。また、フィリップスROIモデルは、カークパトリックモデルよりも評価レベルが高いため、リソース集約的で時間がかかります。最後に、このモデルは客観的でない可能性があります。複数の要因が結果に影響する可能性があるため、トレーニングが業績に与える影響を切り分けることは困難です。

その仕組みについて

上記のセールス・チームのケースに5番目のレベルを追加してみよう。

ROIレベルでは、研修の財務的リターンを見積もることになる。研修プログラムの総費用と研修による売上増を計算し、上記の計算式を使用する。例えば

ROIレベルでは、研修の財務的リターンを見積もることになる。研修プログラムの総費用と研修による売上増を計算し、上記の計算式を使用する。例えば

総合的な利益: 50,000ドル(売上増)

Total Costs: 10,000ドル(研修の開発、実施、参加者の時間)

正味の利益: $50,000 - $10,000 = $40,000

ROI (%): 40,000/10,000×400100=%

トレーニング効果の評価:トップモデルによる包括的な考察

CIPPモデル

CIPPモデルは、1960年代にDaniel Stufflebeamによって開発された、プログラム、プロジェクト、システムを評価するための包括的な枠組みである。強固で柔軟なフレームワークであり、さまざまな文脈におけるプログラムの徹底的な評価をサポートし、情報に基づいた意思決定と継続的な改善を通じて、組織が目標を達成するのを支援する。

CIPPとは、コンテキスト(Context)、インプット(Input)、プロセス(Process)、プロダクト(Product)の頭文字をとったものである。このモデルは、プログラムのライフサイクルを通じてデータを収集・分析する体系的な方法を提供することにより、継続的な改善と説明責任を重視する。

コンテクスト

文脈を分析する目的は、プログラムが活動する文脈におけるニーズ、問題、機会を評価することである。その結果、明確な目標を設定し、プログラムの妥当性を判断することができます。アセスメント、環境スキャン、利害関係者へのインタビュー、既存データの分析などが、このステップで使えるいくつかのツールです。

インプット

次の段階は、プログラムの目的を達成するために使用される資源、戦略、計画を評価することである。この段階では、プログラム設計の実現可能性と適切性に焦点を当てる。評価には、資源分析、費用便益分析、専門家による検討、ベンチマーキングなどが含まれる。

プロセス

この段階では、専門家がプログラムの実施を監視し、文書化し、使用されたプロセスの忠実性、質、効率性を評価する。これを行う最善の方法は、観察、プロセス・ログ、進捗報告、形成的評価である。

製品

最後の段階では、短期的、中間的、長期的な結果の評価を含め、プログラムの成果と影響を測定する。一般的な評価方法には、成果評価、影響評価、パフォーマンス・データ分析、総括的評価などがある。

利点と弱点

これまでの2つのモデルとは異なり、CIPPモデルは研修プログラムの計画から結果に至るまで、すべての側面をカバーする。また、継続的なアセスメントとプログラムの改良を奨励している。アセスメントの結果は、意思決定や戦略的プランニングに役立つ、データに基づく洞察を提供する。

しかし、このアプローチには、複雑さ、時間と資源の集約度、データ収集など、いくつかの課題がある。この評価モデルを大規模なプログラムに導入するのはかなり困難であり、包括的な評価を実施するためにはかなりの資源と時間を必要とする。また、4つの要素すべてについて、信頼できる有効なデータを収集することは困難である。

その仕組みについて

例えば、新しい教育プログラムを評価するとする。文脈のレベルでは、プログラムを作成する前に、生徒、教師、保護者を対象にニーズ調査を行ってもよい。生徒の主な教育ニーズと、それに影響を与える外的要因について尋ねます。

この情報が得られたら、インプットの調査に移ることができます。新プログラムの作成と実施に必要な予算、人員、教材を分析する。配分された資源がプログラムの目標を達成するのに十分であり、教材が学力基準に沿っていることを確認する。

プログラムを実施する過程で、教室での活動を観察し、教師の授業計画を見直す。教師がカリキュラムを設計通りに実施しているかをチェックし、実施中に教師が直面する課題を指摘する。

最後に、プログラム実施の成果を評価するため、生徒の成績データを分析し、満足度調査を実施する。

結論

この第1部では、3つの著名なトレーニング評価モデルについてしっかりと理解していただきました:カークパトリックモデル、フィリップスROIモデル、CIPPモデルです。それぞれが貴重な洞察を提供してくれますが、異なるニーズに対応しています。

後編では、さらに強力な3つのモデルについて掘り下げる:DACUMモデル、ドレフュスモデル、ブリンカーホフモデルである。これらのモデルは、スキル開発の理解から成功要因の特定まで、トレーニングの効果を評価する上でユニークな視点を提供します。6つのモデルすべてを検討することで、トレーニングプログラムを評価するための適切なアプローチを選択し、望む結果を確実に出せるようになります。

お見逃しなく!にアクセスしてください。 後編 トレーニング評価の可能性を最大限に引き出し、組織の学習・開発イニシアチブを向上させます。

Here are some other interesting articles: