頼まれもしないのに昇進する5つのステップ

正直なところ、誰だって昇進を希望するのは嫌なものです。自分の利益は他の人の利益よりも守るのが難しいものです。本日は、上司との不愉快な話を避けながら昇進を勝ち取る方法をお伝えします。

上司に昇進の準備が整っていることを示すには、自分の職務を完璧にこなし、常に期待以上の成果を上げることが一番です。あなたは十分に努力する準備ができていますか?それなら、昇進への5つのステップをご提案します。

普段の業務以上のことをする

自分の専門分野で期待以上の成果を出すこと。そして、公務の枠を超えた仕事を効率的にこなすこと。常に、他の誰にもできないような仕事をするように心がけましょう。上司が仕事の流れを把握していれば、あなたの活躍は必ず目に留まり、自分でも驚くような昇進を果たすことができるはずです。

ステータスではなく、専門性を高める

経営陣は、あなたの野心よりも、あなたが成長したいと願っていることに好印象を持つでしょう。新しいスキルを習得したり、仕事に役立つ知識を得る機会を探してみてください。必ずしも自分の地位を忘れてはいけないということではありませんが、しかし、それはあくまでもあなたの努力の結果であって、彼らの目標ではないはずです。

さらに、得た知識を正しく表現する方法を学ぶ必要があります。ある作業を行うための方法を知っていたとしても、その有効性を自慢してはいけません。もっと便利な方法や技術を知っていることを示し、共通の目的の成功に貢献するのです。

常に自分を磨く

あなたのキャリアで最も重要なプロジェクトは、あなた自身であることを忘れないでください。

自分自身への取り組みについて、興味深い点があります。ほとんどの人は、自分がやり方を知っていることをやろうとし、未知の専門分野を学び、習得する必要があることはやりません。真剣に取り組むだけでなく、自己開発、自己改良が必要なプロジェクトに挑戦する勇気を持ちましょう。

どこから手をつけていいかわからない?上司に「どうすればいいか」と聞いて、その方向で努力を続けてください。上司は、あなたの昇進を妨げているものを指摘してくれるはずです。

大きなプロジェクトに挑戦する

最大のプロジェクトは、最も困難なプロジェクトでもあることが肝要である。会社のヒエラルキーが高ければ高いほど、仕事の難易度は高くなる。

大きなプロジェクトに取り組むことで、専門的なスキルを身につけ、それをフルに活用できるだけでなく、一度に複数のレベルでワークフローをコントロールし、複雑な戦略を立て、適用することを学ぶことができます。

ポイントは、自分が対応できる仕事を引き受けることです。普段から1〜2ヶ月続くプロジェクトに取り組んでいる人は、12ヶ月のプロジェクトより6ヶ月のプロジェクトの方が良い判断になるでしょう。

チームワークを学ぶ

重要な仕事であればあるほど、直接的な指示は受けられなくなります。自分の地位ではなく、部下と協力し、耳を傾け、妥協点を探し、チーム内の対話をまとめる能力を頼りに、自分で行動しなければならないのです。

そのためには、チームワークのスキルを身につけることです。一般に信じられていることとは逆に、必ずしもすべてのチーム活動の発起人になる必要はありません。むしろ、チームの行動をサポートし、組織化し、メンバー全員が最も効果的に行動できるようにする能力を示すことが重要です。

しかし、あなたが上記のように一生懸命働いていることを上司が知っていれば、あなたの成長に貢献することは会社の利益になり、ほとんどの場合、昇進も含まれます。