キャリアプランニングの5つのステージ

キャリアプランニングのポイントは、自分の希望と機会のバランスをとることにあります。労働市場から提供される機会と、希望するキャリアの高みに到達するための自分自身の機会とのバランスをとることです。自分の希望と機会を見極め、利用可能なものの中から必要な方向性を選び、決断し、行動する必要があるのです。自分のキャリア形成の方向性を選択することは重大な決断であり、必要な情報を徐々に収集し、分析することなしには不可能である。このような作業には、通常5つの段階があります。

現在の職業的地位の分析

自分の知識、スキル、経験、学歴、資格、実績などを評価する。年齢、性別、家族構成など、職業キャリアに直接または間接的に関係する、自分のステータスの詳細をすべて検討する。このような分析の第一の目標は、あなたが潜在的に能力を発揮できる職業活動の方向性を概観することです。第二の目標は、現在の職業上の地位を変える可能性について情報を収集することです。労働市場における自分の位置を変えることから、成功するキャリアに必要な経験、知識、スキルを身につけることまで、さまざまな可能性があります。

キャリアの希望や志向の分析

どのような職業領域、役職、職業に興味があるか、近い将来どのような役職に就きたいかなど、自分のキャリアに対する希望や嗜好を分析する。このような分析の目的は、自分が果たしたい職業活動の方向性を明確にすることです。

労働市場の分析

労働市場の需要と供給を分析する - 候補者に対する雇用者の要求、仕事の内容、求人の数、提示された給与のレベル。潜在的に利用可能な職業、ポスト、取引、方向性のリストを完成させ、議論する準備をする。労働市場における競合他社の経験や資格のレベルを評価する。

キャリアプランのおおよそのバリエーションを決める

キャリアプランのおおよそのバリエーションと、希望するポストに就くための条件を定義する。キャリアに必要な戦術的・技術的特性(知識、スキル、経験)を身につける機会を明確にする。

キャリアプランニング

キャリアアップのための様々な計画について話し合い、最も現実的なものを選び、詳細について合意する。自分のキャリアプランを評価する健全な現実主義を忘れてはならない。プロとして成長するための期間と、影響を与えることができる要素という観点から、自分のプロとしての地位を批判的に評価する。経験や知識を得ることはできますが、過去10年間コンピュータープログラマーとして働いていたのでは、成功した音楽家や銀行のトップマネージャーになることは難しいでしょう。