キャリア戦略がうまくいかない10の兆候

  1. 本人が望んでいることを理解していない。
  2. その人は、自分が何を望んでいるかはわかっているが、その目標が達成可能であるとは思っていない。
  3. キャリア戦略のイメージはあるが、それを実行するための時間や労力がない。
  4. 戦略があって、ある日までに何を達成したいかは本人が理解しているのですが、明日以降、毎日何をすればいいのかが理解できていないのです。
  5. 戦略もあり、本人の希望も理解されているが、そのためにどのような能力を身につけなければならないか、どのようにすればよいかが理解されていないのである。
  6. この人は、自分が何を望んでいるかは理解しているが、日々の成果を達成するためのモチベーションがない。本人が一気に欲しくなる。
  7. 戦略はあり、本人の目標も明確だが、それを実行する能力がない(スキル、才能、知識がない)。願望と機会が一致しない。
  8. キャリア戦略は個人の欲求を考慮するが、市場の状況を考慮しない。願望と市場のニーズが一致していない。
  9. 本人のキャリア戦略は、市場の現状を踏まえて正しく提示されているが、未来志向ではなく、3~5年後の市場がどうなっているのかがわからない。
  10. その人の戦略は、次の市場の課題に対する答えであり、長い間(次の危機より長い)、そして多分永遠に、他の人より成功するような変わった解決策を持っているわけではないのです。
image