生産性向上に関する10の神話。

今日、私たちの多くは、生産性を追求し、さまざまなツールやテクニックを試しています。しかし、できるだけ効果的であろうとするあまり、私たちは生産性そのものではなく、生産性という概念に憧れていることが多いようです。私たちは、賢い記事を読み、専門家のアドバイスに何の疑問も持たずに従い、それがうまくいくのを待ちます。

実は、万人に適した生産性の普遍的なレシピは存在しないのです。成功するためには、生産性に関する既存の神話を考慮する必要があります。この記事では、最も広く普及しているものを取り上げることにします。

神話その1.早起きは三文の徳

成功するリーダーはなぜ朝4時に起きなければならないのか」というような記事を目にしたことは誰にでもあるはずです。早起きは本当に生産性の向上につながるのでしょうか?私たちは、早起きすることで、現在のタスクやバックログを解決するための時間が増えると考えるようになりました。しかし、それは完全に正しいとは言えません。いくつかの研究によると、最も効果的に仕事をするためには、自分にとって最も都合の良い時間に仕事をする必要があるそうです。

もし、あなたが朝の時間帯に生産性が高く、集中できることに気づいたら、1日の前半に最も重要なタスクを解決するようにしてください。夜型の人も同様で、夕方から夜にかけての時間を最大限に活用しましょう。生産性の妨げになるのは、自分の体にとって都合の悪い時間に仕事をしようとすることなのです。

神話その2。オフィスの中だけで生産性を上げなければならない

この言葉は、手元に便利なアプリケーションがなかった一昔前なら妥当だったかもしれませんが、現代ではもう真実ではありません。 多くの研究が、自宅やカフェで仕事をすることで生産性が向上することを示しています。適切なツールを使えば、遠隔地にいるチームや分散しているチームも、常にオフィスで仕事をしているチームと同じように効率的に仕事をすることができます。

これはほとんど好みと習慣の問題です。オフィスで同僚に囲まれて仕事をすることに抵抗がない人は、オフィスでの生産性が最も高くなります。しかし、内向的な人や家庭的な人は、リモートワーカーとして最大の成功を収めることがよくあります。要は、人は快適な環境で働くときに最も生産性が上がるということです。

神話その3。睡眠は弱者のためのもの

睡眠だけでなく、目覚めも個人差があります。毎日8時間以上の睡眠が必要な人もいれば、6時間でも十分な人もいます。さらに、気分や季節、精神的な負担などによっても、睡眠に必要な時間は個人差があります。しかし、睡眠不足は確かに生産性を低下させます。ですから、自分にとって必要な睡眠時間を知り、それを崩さないようにすることが大切です。

神話その4。忙しいこと=生産的であること

常に忙しくしていると、自分がとても生産的で、時間をコントロールしているように錯覚してしまう。チェックリストに誇らしげにチェックが入っていても、それは生産的であることを意味しない。このチェックリストが、重要でない仕事、緊急でない仕事で埋め尽くされている場合、それは生産性とは呼べないのです。

自分の行動が最大の結果をもたらすようにするためには、仕事に優先順位をつけ、最も重要なものから取り組むことを学びます。

神話その5。衰退を克服するのは自分自身でなければならない

割とよく言われるアドバイス。「生産性を向上させる鍵は、衰退期に働くことを学ぶことにある」。しかし、なぜ非生産的な労働時間にあなたの力を浪費する?それは偉大な関与を必要としない単純なルーチンタスクを解決するために使用すると、この時間を過ごす方が良いです。例えば、紙くずを捨てたり、メールの受信箱をチェックしたり、休憩して新鮮な空気を吸ったり。生産性の低い時間帯に貴重なエネルギーを浪費しないようにしましょう。

神話その6。仕事はすべての上にある

本当に成功している人、生産性の高い人は、人生の他のすべてよりも仕事を優先してはいけないことを知っています。私生活と仕事のバランスをとることが、真の芸術なのです。

週末に仕事をすると決めたら、厳密に決められた時間をそれに充てること。そうしないと、生産性を高めようとするあまり、週末中ずっと仕事に埋もれてしまうことになります。十分な休息がとれないと、次の週にはパワーが回復せず、生産性のレベルが大きく下がってしまいます。

神話その7。マルチタスクがすべて

この分野の研究によると、マルチタスクが生産性の殺し屋であることが分かっています。同時に2つのことをやって、効果的に仕事をすることは不可能なのです。実際、マルチタスクとは、同じ時間帯に1つのことを別のことに切り替え続けることです。切り替えのたびに、脳は新しいタスクに集中するための時間を必要とします。

また、マルチタスクは仕事の質にも悪影響を及ぼします。1つのタスクから別のタスクへと常に飛ばしていると、全般的にかなり悪い結果になる可能性があります。

神話その8。インターネットは生産性の敵

インターネットは無駄な情報で脳を満たし、自分で考えたり、解決策を探したりすることが少なくなると主張する人がいます。もちろん、グローバルなネットワークにはある程度の情報ノイズは存在しますが、「インターネットは人間を馬鹿にする」という結論は間違っています。

逆に、インターネットは私たちの時間を節約し、本当に役に立つ仕事に時間を費やすのに役立っています。無駄な数字や日付をたくさん記憶しておく代わりに、ある情報をググってみることは悪いことではない。

神話その9働く時間が長いほど、仕事が増える

オフィスにいる時間が長ければ長いほど、なんとかこなせるタスクが増えるというのは、100%正しいとは言えません。パーキンソンの法則によると、仕事は与えた時間に収まるように契約する。例えば、今日は6時に退社すると決めたら、この時間までにすべてを終わらせようという高いモチベーションで仕事をすることになる。一方、「遅くまでやっても大丈夫」と決めておけば、高い確率で同じ量の仕事をこなすが、1つ1つの仕事にかける時間は長くなる。

神話その10。きれいな作業台は生産性を上げるのに役立つ

きれいな作業台が生産性の向上に役立つかどうかは、その人、その人の好みによります。研究によると、創意工夫や効率性を高めるために、テーブルの上に多少の創造的なカオスを必要とする人もいるそうです。完璧に整理整頓された職場で生産性が上がる人ばかりではないでしょう。

上記のほとんどの神話の問題は、それらが普遍的に正しいわけではないことです。だからこそ、生産性を上げようとするときは、自分自身に焦点を当て、アドバイスや方法を賢く利用しましょう。